利用目的を決めてから電話代行を利用しよう

利用目的を決めてから電話代行を利用しよう

固定電話

電話代行サービスで依頼できること

電話代行サービスは、依頼主の事務所や営業所にかかってきた電話を代行業者に転送して、専任のオペレーターが電話対応をしてくれるサービスになります。営業や接客などで事務所を不在にしがちなことが多いと新規の顧客を取りこぼしてしまう、得意先や顧客に満足いく対応ができなくなります。電話代行サービスは、専門教育を受けたオペレーターが自社の社員のように電話対応をしてくれますので顧客や得意先への好感度も高まります。

社内

オプションにより料金が変わる

電話代行サービスは依頼する会社によって基本となるサービスが異なります。そのため、利用目的を基準に決めていく必要があります。そして、必要とするサービスが基本プランだけでは不十分なときは、オプションを依頼することが可能です。オプションを依頼したときは、その内容に応じて基本料金に加算されていきますのでオプションの内容や数次第で利用料金が増えることもあり得るのです。電話代行サービスを利用するときは、基本プランの価格だけでなく内容もよく比較したうえで依頼する会社を決めましょう。

電話

一般的な費用相場

電話代行サービスを利用するときの費用相場ですが、10,000円から30,000円が相場となっています。これはあくまでも基本プランの相場ですので、求めるサービスによってはオプション対応となることがあります。たとえば営業時間外となる土曜日などにも対応してもらえるオプションを選ぶと、約2,500円から6,000円、電話の内容を報告してくれる日報サービスに関しては毎月約2,000円から6,000円、フリーダイヤルや専用電話番号の利用には工事費や保証金などで15,000円から30,000円の費用がかかります。

通話

口コミから探すのもアリ

電話代行サービスを提供している会社がいくつもあるため、どの代行会社を選ぶかで迷う方も少なくありません。選ぶ電話代行会社によっては満足のいくサービスが得られないこともありますので、会社選びは重要なポイントになります。優良会社を選ぶには口コミを参考にするのも手段のひとつです。実際にその代行会社を利用された方の口コミは参考になりますので、優良な会社を見極めるのに役立ちます。

電話代行サービスを選ぶ際の3つのポイント

通話

利用目的を明確にすること

なぜ電話代行会社に依頼をしたいと考えるのか、その目的を明確にすることが代行サービス会社を選ぶポイントになります。その目的を満たすサービスを提供している会社やプランを選ぶことで、満足度の高い代行会社が見つかりやすくなるからです。

電話代行会社のサービスをよく理解すること

代行会社について自分たちでよく調べることも代行会社選びで重要なポイントとなります。電話代行会社によっては、自社のサービスなどについて十分説明できる資料やホームページが用意されていないこともあります。電話代行会社に出向く、営業マンに来てもらうなどして対応やサービスについてよく理解してから代行会社を決めましょう。

費用を明示してくれること

サービスを申込みする前に利用金額を明確にしてくれるかどうかも、代行会社選びのポイントのひとつになります。求めるサービスに対応しているか、オプションを追加した場合のトータルの費用を明示してくれると安心して依頼できます。

広告募集中